*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲヴァントハウス管弦楽団/サラステ/フランク・ペーター・ツィンマーマン - シベリウス、ドヴォルザーク、プロコフィエフ

20 December, 2013 20.00- @Gewandhaus Leipzig

Jean Sibelius: Die Okeaniden op. 73
Antonín Dvořák: Konzert für Violine und Orchester a-Moll op. 53
Sergej Prokofjew: 5. Sinfonie B-Dur op. 100

Gewandhausorchester; Jukka-Pekka Saraste
Frank Peter Zimmermann, Violine

s-DSC06967.jpg

プログラムがドイツ語ですがすみません。。

ベルリンとライプツィヒに行ってきました。で思い立ってゲヴァントハウスのプログラム見たら、こんなのがあったのでこれを中心に旅行の日程を組みました。指揮はシャイーじゃなかったのですが。サラステはイギリスでもよく振ってますがなぜだか私は初めて。驚いたことに(?)ほぼ満席でした。フィルハーモニアとかLSOとかじゃあんまり考えられないですかね。。それとも金曜だったからか。

s-DSC06968.jpg

1曲目はシベリウス「海の精」。これ知らない曲で(汗)、ゲヴァントハウスオケは初めてではないのですが、バービカンでしか聴いたことがなく、ホールも初めてなので耳が慣れるまでに少し時間がかかりました。このホール良い!勿論オケも上手いし、ホール響きすぎずちょうど良い。シベリウスらしい美しい曲。それにサラステなので安心して聴いていられます。良く動く指揮者ですね、彼。

プログラム見たとき、ソリストがフランク・ペーター・ツィンマーマン(以下FPZ、すみません)でドヴォコン、いいじゃない?と思ってたのですが、これが予想以上で。すっかり彼の印象が変わりました。前回聴いたWigmoreでのチェンバー(タメスティとのトリオ)で、え、こんな弾き方の人だっけ?と思ったのと同じ。正直それまでは私には特徴のない人(失礼)でした。といっても、その前に聴いたのが大昔(6年以上前?)だったので、記憶になかっただけかもしれませんが。。

出だしのテンポ速いので、さっさと行く印象でしたが、これまた濃いというか何というか。まあそういう曲でもあるのですが、よく歌うこと。それに今日の席は一番上(多分)の階の真ん中でしたが、ホールのせいもあるかもしれませんが十分な響き。すっとそのまま音が飛んでくる。3楽章が特に良かった。最後までエキサイティング。それでも決してやりすぎず派手ではなく、違和感もない。曲に合っていたのかもしれません。大昔聴いたのは確かメンデルスゾーンだったと思うのですが。

聴衆の反応も同じで、ずっと鳴りやまない拍手。ブラボーなんかはないんですが、ずっと拍手している。みんな同じように思ってたんだなあとちょっと嬉しかったり。やっぱりFPZ人気なんだなあ。でアンコールがバッハのパルティータ3番のプレリュード。日中バッハのトーマス教会でバッハのオルガン聴き、バッハミュージアムにも行き。。と堪能していた私には本当に嬉しかった。

休憩後のプロ5、これもダイナミックな響きだし、Tpとかブラスうまいし、ヴィオラ良いし、演奏もほどよくスパイスも効いてテンポも爽快だし、本当に十分すぎるほどの演奏でしたが、すみません、旅行の疲れが出てきたのかかなり朦朧としてきてしまい。でもとても良い演奏だったことには間違いないです。はい。私は前半ほどの集中力を保つことができなかったです。。8時始まりというのは私にはちょっと辛いです。
--
今回ベルリン2泊、ライプツィヒ1泊で、ベルリンでも連日コンサート入れることもできたんですが(コンツェルトハウスでヘルムヒェンのブラームス2番PCとかもあった)、今回はやめておきました。普段でもなかなか疲れて夜出かけられないことも多いので、まして旅行で日中動き回ってたらきついだろうと思ってのことでした。これはまあ正解でした。やっぱり歳ですね。若い時は(って、汗)日中がんがん観光して、連日コンサート、とかの旅行もしてましたが、もはやそういう体力もなくなってきてしまいました。。

Comment

 

こんにちは。
19日のコンサートに旅行の途中立ち寄りました。後半プロコの精緻なアンサンブルに感激した一方で、前半は長旅の疲れで意識が朦朧としてしまいました。コンマスの特徴的なボーイングとボディーワークが印象的でしたが、どなたかご存知でしょうか。
  • posted by たこぽん 
  • URL 
  • 2013.12/27 09:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

良いお年を〜 

felizさん、こんばんは。ベルリンとライプツィヒの旅行記、楽しく読ませて頂きました。私も今年の1月に行ったんでした^^; ライプツィヒ、あのぐらいの規模の街っていいですよね。住みたいぐらい気に入ってしまいました(笑)
旅行記がいつも中途半端になってしまうんですが、4travelにまとめるのも一つの手ですね。

さて、例の方の今年の公演まとめが完成しました。記事の中で、こちらの記事をリンクさせて頂きました。不都合があれば仰って下さい。
お写真もありがたく、使わせて頂きました。ありがとうございました。後はCD発売を楽しみにしております。
該当URLは  http://wp.me/p1URBt-1vo  です。

良いお年をお迎え下さいませ。来年もよろしくお願いします。
  • posted by ヴァランシエンヌ 
  • URL 
  • 2013.12/27 14:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

たこぽんさん 

ご訪問とコメントありがとうございます。19日のに行かれたのですね。私は今回は(ケチって、汗)プログラムも買わなかったのでコンマスについてはわかりません。。すみません。私はたこぽんさんとは反対に後半に意識朦朧でした。でも緻密なプロコでしたね。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.12/27 18:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヴァランシエンヌさん 

いつもありがとうございます。さっそく拝見いたしました。へたくそな写真使っていただいて光栄です。リンクも勿論OKです。ありがとうございます。それにしても10年とは素晴らしいです。ファンサイトの鏡ですね。

4トラベルは便利ですね。情報量が多いので今更ですが今後はもっと活用しようと思っています。ライプツィヒいらしたのですね。私もとっても気にいりました。

こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いします。そしてよいお年を。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.12/27 18:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

昨年の終りに一年のベスト10を発表していらっしゃいましたことが懐かしいです。今年はいかがですか。
ライプツッヒでゲバントハススが聞けるなんて羨ましいです。私も大好きな街の一つです。ドレスデンからの日帰り旅行でしたのでゆっくりとあたりを見ることはできませんでした。音楽好きにはたまらない街ですね。feliz2さんの記事で懐かしく思い出しました。また行きたくなりました。たくさんの写真も懐かしかったです。
来年はさらに良いお年になりますように!
  • posted by sony 
  • URL 
  • 2013.12/31 13:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

sonyさん 

こんにちは。マンチェスターに引越したこともありめっきり数が減ってしまいました(汗)。来年は頑張りたいとおもいます。ゲヴァントハウスは初めて行きましたが素晴らしいホールでした(勿論オケも)。新年もよろしくお願いいたします。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.12/31 19:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

おおお! 

こんにちは‼さっそくもんじろうですw(*'ω'*)
すごく細かくコンサート模様や感想を書かれててビックリ‼そして感心しました‼(´゚д゚`)
ここまで音楽大好きなFelizさん自身も音楽経験者できっとオケ行ったらすっごくドキドキわくわくするんだろぉーなぁーと思いました‼( *´艸`)
もんじろうはまだ生まれて一度も大きなオケには行ったことがないんですが、機会があれば絶対行ってみたいなぁーと思ってますw(`・ω・´)b
  • posted by もんじろう 
  • URL 
  • 2014.01/03 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

もんじろうさん 

ご訪問ありがとうございます。音楽はほとんどクラシックしか聴かないので非常に偏ってます。たいした感想でもないし。CDも良いですがライブで聴くのは楽しいです。欧州にいらっしゃるなら機会があったらぜひ聴いてみてくださいね。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2014.01/04 16:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。