*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hallé/Elder - Shostakovich Symphony No.7

Thursday 3 Oct 2013, 19.30 @Bridgewater Hall

Britten: Britten in Wartime
Shostakovich: Symphony No.7, ‘Leningrad'

The Hallé
Samuel West, narrator
Sir Mark Elder, conductor


ハレ管(ずっとハレーだと思ってた、汗)をこのホールで聴くのは初めて。前に全然響かない地元のホールで聴いたときはあまり(というかかなり)印象が良くなかったのですが。。

ホールは家から車で10分で近い~。行きは時間帯のせいかかなり混んでて30分ほどかかりましたが帰りは本当に10分くらい。毎日6時おきの生活になってしまいましたが、これならまあ大丈夫かなと思います。

今日はRadio3の中継が入ってました。前半のブリテンは何だか全くよくわからないうちに終わってしまいましたが(汗)。アメリカのリスナーに戦時中のイギリスについて伝えるため、ラジオのために書かれたものでナレーション付き。世界初演みたいでした。

「レニングラード」、何だか数年前からライヴでよく聴いてますが今回はエキストラのブラスがクワイヤ席に(しかも立って演奏)、元々cbが最上段にいるしとても立体的な響き。私は一番上のギャラリー(一番安い)だったのですが、それでも十分な響き。こういう大編成の曲は遠くから聴くのがよいなあと(他の席は高くて買えないというのもありますが、爆)。ホルン左端でパーカスが右端、vln対向で中は左からチェロ、Vaという配置。

s-DSC_0253.jpg
携帯のカメラなのでぼけてますが、休憩後。ブラス隊がクワイヤに。

テンポも普通でたいした仕掛けもなかったですが、なぜか心にしみる演奏。ゆったりした3楽章で何だかぼーっとしてしまいなぜか泣けてしかたがなかった。勿論ブラスもたくさんだし、この曲独特の迫力もありますが印象的だったのがその緩徐楽章。それ以外ではバスクラのソロが(多分?)ビブラートかかっててお見事。哀愁漂ってかなりぞくぞくっときてしまいました。

本当にこのホールは響きがいい。今後はハレに多く行くでしょうが、この一番安い席でも十分楽しめます。RFHみたいにクワイヤは安くないですが(ない公演も多い)、RFHと違ってどこにいてもちゃんと聴こえるのが良いです。

Comment

 

BBC Radio3で試聴しました。2001年10月11日の再演ということです。このときも今回同様Thursday Seriesの最初の演奏会でした。その1部が現在Soundcloudで聴くことが可能です。
約半世紀近くに亘るハレ管(かつてはハルレ管、ハルレ・オーケストラと表記されていました)大好き人間としては、なんとも恵まれた環境にうらやましくなります。
英語が全くの苦手且つ飛行機恐怖症なので、マンチェスターの本拠地での鑑賞は、夢のまた夢です。
今後の同管の公演の報告を楽しみにしております。
さしあたり、押し付けがましいのを承知で、来月7日(木)のエルダー指揮でチャイコフスキーの第5交響曲の演奏会があるのでぜひっ(A・イブラギモヴァの独奏でメンデルスゾーンのV協奏曲も)。
  • posted by 瀕死の殿様 
  • URL 
  • 2013.10/14 04:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

瀕死の殿様さま 

コメントありがとうございます。ハレのファンでいらっしゃるんですね!私がこのオケのことを知ったのはこの国に来てからでした(汗、約10年前)。勿論オケも素晴らしいと思いますが、何しろホールが良いので楽しめました。レニングラードは確か去年ロンドンのRFHでも演奏していて、かなりこなれた感じに聴こえました。

アリーナは大好きなヴァイオリニストの1人なので勿論行きます~。今後ともどうぞよろしくお願いします。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.10/14 16:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

7日(木)の公演の独奏者の変更について 

本日配信のハレ管のニューズレターによると,A・イブラギモヴァから急遽Jack Liebeckに変わることになりました。但し16日(土)のバース公演は今のところ変更はなく予定通りイブラギモヴァのようです。
  • posted by 瀕死の殿様 
  • URL 
  • 2013.11/05 13:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

瀕死の殿様さま 

えっそうなんですね。情報ありがとうございます。知りませんでした(よくこういう場合にはホールからお知らせが来ますけどBWHは来ないんでしょうね)。ちょっと(というかかなり)がっかり。Liebeckは知ってますがどうしようかあ。。多分お知らせいただかなかったら当日行って知った、というパターンだったかと。ありがとうございます!

(更新してないので広告が邪魔ですみません。それにいつの間にかコメントが承認制になってました。。)
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.11/05 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

。。と思ったらさっきホールから出演者変更お知らせのメール来てました。理由は書いてなかったですが。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2013.11/05 15:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。