*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prom30: BBCフィル/バヴゼ/ノセダ - ボロディン、プロコフィエフ

5 Aug 2013 19.00- @Royal Albert Hall

Prom 30: BBCPhil/Bavouzet/Noseda - Borodin, Prikofiev, Cowe, Tchaikovsky

Borodin: Prince Igor overture; Polovtsian Dances
Prokofiev: Piano Concerto No. 2 in G minor
Edward Cowie: Earth Music I – The Great Barrier Reef (BBC Commission, World Premiere)
Tchaikovsky: Symphony No. 2 in C minor, 'Little Russian'

Jean-Efflam Bavouzet piano
BBC Philharmonic
Gianandrea Noseda conductor


今年はピアノばっかり聴いてますが、今日は「私のジャン」(笑)バヴゼ。去年11月BBCフィルとのプロコ1&4を聴きに行きましたが、今日は2番。あのカデンツです。やっぱり上手いな~。いろんな音色。滑稽さと力強さと美しさ。表現のバリエーション。プロムスというお祭りにぴったりのピアニストというか、やっぱり聴く人を魅了するエンターテイメント性(って言っていいのか)。やっぱり、と思ったけどBBCフィル/ノセダとプロコのCDを出すらしい。

s-DSC06649.jpg

ノセダは私気に入りの指揮者で、なぜか今日もスコアがミニチュア。最初のボロディンから大盛り上がり。木管のソロも良いけどオケのまとまりもよく、「韃靼人」の推進力とダイナミクスの幅。本当に楽しい。(と言いながら、翌日朝早かったし家は遠いし、で休憩で帰ってしまったので聴いたのは前半のみでした。)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。