*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロディン四重奏団 - ブラームス、チャイコフスキー

Fri 08 February 2013 - 7:30pm @Wigmore Hall

Brahms
String Quartet in A minor Op. 51 No. 2
Tchaikovsky
String Quartet No. 2 in F Op. 22

Borodin Quartet


リヴァプールから夕方ロンドンに戻ってきてそのまま直行。ちょっと疲れてます。それより偏頭痛がひどい。今日はブラームス&チャイコのSQシリーズ2回目。前回は1番でした。

ロンドン着いてからちょっと時間があったのでOxford StのHMV寄ったり(あれ、もう閉店準備?でものがほとんどなくなっててショック!)、話題の?最近できたラーメン屋行ったり、でちょうどいい時間に。でもかなり頭は疲れてますが、まあ今日は2曲だし。

今日は本当に頭が痛くてほとんど目を閉じて聴いてましたが、私の心の状態とたまたま合ってたのか、すーっと心にしみこんでくる音楽。決して派手な音や演奏ではなく、勿論ものすごく技術の高いQだし、とてもうまいのですが、表現は決してはみ出ず、音もすごく落ち着いてて心打たれる音楽。4人の纏まり。SQっていうとどうしても1st vlnばかり聴いてしまうことが多いのですが、全く飛び出ず4人の音が均一。派手な体の動きもなく音であわせている。何だかすごく暖かい時間。ブラームスの2楽章終わりのノンヴィブのコードの終わり方とか、チャイコフスキーの3楽章とか、4人のアンサンブルの緻密さで表現される歌いに何だか涙が。

アンコールもチャイコフスキーで、子供のためのアルバムから「甘い夢」。これも素朴な演奏で、しかも短いのであっという間に終わってしまいました。ボロディンQまた聴きたい。なんて、ほとんど公開するような内容になってません(爆)。最近は完全に自分の記録としてのブログになってしまってます。何だか感想を言葉にするのにすっかり疲れてきてしまいました。

s-DSC01511.jpg
ちなみにTonkotsuで食べたとんこつ£11。気のせいか麺の量が少なかった?男性なら足りないでしょうねぇ。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。