*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テツラフ&フォークト リサイタル - ブラームス

Mon 21Jan, 2013 19.30- @Wigmore Hall

Brahms:
Violin Sonata No. 1 in G Op. 78
Violin Sonata No. 2 in A Op. 100
Violin Sonata No. 3 in D minor Op. 108

Christian Tetzlaff, violin
Lars Vogt, piano


今日は雪は降らなかったんですが、車が故障してて使えないので最寄り駅までバス(最低40分)、ようやく駅に着いたらロンドンまでの電車が信号故障で遅れてると(-_-;)。何だかロンドンまで電車が1時間もかかり(通常は30分)、途中でご飯食べていく予定で早めに出てたからよかったものの、自宅からホールまで2.5時間もかかった(通常は1.5時間)。お腹はすくし寒いしぎりぎりの時間で会場に駆け込み(-_-;)。
--
さて気を取り直して、今日はオールブラームス。9月はここでバッハ無伴奏聴いたし、11月にはドヴォルザークとモーツァルトも聴いたし、テツラフこんなにたくさん聴けるなんてほんと贅沢だわ。今日の順番は1番から番号順。譜面あり。今日は(も)前方のステージにごく近い席ですが、1番始まるとあれ、テツラフの今日の弱音は何となく乾いているというかかすれているというか、そんな印象。しかも何となく淡々と弾いてるような印象もあって、音楽が淡々としてる訳ではないんだけど、何だか内に向かう音楽という感じで、ステージの2人は何だか違う世界に行ってるよう(-_-;)。テツラフのブラームスってこんなだっけ?1番はすごく馴染みがあって(弾いたことがある!ってだけだけど)好きな曲ですが、異次元にいる2人という印象。浮遊感。

次の2番は、1楽章はおおーっという歌いと音楽作りもあり、2楽章も美しいし。でも3楽章というか終わり方がわりにあっさり。勿論美しいのだけど、テンポ速めだったのか?印象は1番よりも良かった。

と思ってたら休憩時間に話してたツィ友(^^)のGさんも同じような印象だったらしく。でも3番はきっといいぞーと期待してました。3番の冒頭、やっぱりテツラフのあの美音。ん、あの1番は何だったんだ?何だか空気も違う。段々、私の思ってるテツラフ節(?)が出ていたのが3楽章のオールダウンボウのあたりから。段々例のこぶしというか、あの右足を上げてのダンスが出てきて、しかもフォークトもそれに合わせたようにかなり足を踏み鳴らしてるし、私は、これこれ!とにやにやしてました。4楽章はやっぱりがんがん弾くし突っ走るし。で結局最後は大盛り上がりで大拍手とブラボーの嵐。

アンコールはあるだろうなと思ってたけど、テツラフがsomething completely differentと紹介して始まったのはモーツァルトのソナタK379の最終楽章。このヴァリエーションでのピアノ旋律でvlnがピチカートの部分、ギターのように楽器を抱え、しかも親指でのピチカート。もしかしてこれがやりたかったんじゃ。この部分結構長いし、歌うのでこれまた聴衆には受けてた。まるでアンコールじゃなくてリサイタルの一部みたい。アンコールでやる曲じゃないな普通は。しかもまた呼ばれて始まった2曲目は、ドヴォルザークのソナチネから最終楽章。いやいや、やっぱりこの人のドヴォルザークはいいですね。また右足が上がってるダンス(^-^)。やっぱりテツラフはこれだよね。

ってことで、何だか不思議な時間と空間でした。最初はちょっとびっくりしましたが、やっぱりこの人はライヴでは何が飛び出すかわからない楽しさ。語りとダンスと色気とサプライズ。やっぱりすごく好きだ~(^-^)。

s-DSC01409.jpg

BBC Radio3で中継され、1/27までオンデマンドで聴けます(1と23)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。