*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Orchestra of the Age of Enlightenment - ヴィヴァルディ、ラモー

Friday 9 November 2012 7.30pm @Sheldonian Theatre

Vivaldi: Gloria
Jean-Phillippe Rameau: Anacréon (1754)

Orchestra of the Age of Enlightenment
The Choir of Magdalen College & Consort Iridiana
Conductors Daniel Hyde & Jonathan Williams


Sheldonian
ホールのオルガンと天井画

珍しくバロックを聴いてきました。合唱が聴きたくなったので探してたら、ちょうど聴いてみたくて聴いたことのなかったOAEが近くに来るというので行ってきました。

シェルドニアンシアターはオックスフォード大の建物で、これまではCBSOやムローヴァのリサイタルを聴きました。今日は一番上のギャラリー自由席。この劇場、円形で狭いので、一番上にいてもすーっと音があがってきて聴こえがいいので気にいりです。階段状で背もたれもクッションもないし、すぐ後ろには後ろの人の足があるのが何ですが(-_-;)。ま10ポンドなので。

なんせ私は普段からバロックはほとんど聴かないので初めてのことばかり。チューニングのピッチから楽器から演奏スタイルまで。今日は有名なヴィヴァルディのグロリアですが、メインは、完全な演奏としては250年ぶりというラモーの「アナクレオン」ということです。アナクレオンは2曲あるようですが、今日は1754年の方。

ヴィヴァルディのグロリアは有名な曲でもあり、それに子供が数年前までいた学校で入っていたChoirでコンサートでやっていたのでなじみがあり、結構聴いていたかなり懐かしい曲です。OAEは1st vlnは3デスクで小さいオルガンを使ってました。軽やかな伴奏。それに男声合唱もBoys Choirもソロもうまい。2人の女性のソロは似たような声質で、デュエットの部分も美しい。すっきりそろってて軽やかで爽やか。かつ合唱の響きが心に残りました。

休憩後のアナクレオン、これは楽しかったです。プログラムが丁寧で、あらすじから曲の解説や対訳まで載ってるので助かりました。家でNaxosMLで一応聴いてきましたがそれは歌のないものでした。今日はセミステージ風で、ソリストが前に出て多少演技も入ってます。内容が、1人の女性と2人の男性のちょっとした三角関係(?)といった喜劇風で軽いので、途中聴衆から笑いが起こったり、キューピットやバッカスの名も出てきたり、内容があるようなないような(^_^;)話ですが、最後の方はほとんどキューピットとバッカスへの賛美でこれまたあれれ?でしたが、後半は宴会の音楽なので、これまたタンバリンや太鼓が鳴らされるダンスの楽しい音楽。こっちはChoirの出番は少なかったですが、女声合唱も加わって華やか。特にクロエ役のソプラノが声も良く通ってて素晴らしかった。

というわけで、私のバロック入門としては軽めで楽しめました。OAEはまた聴きたいと思います。
--
また余談ですが、早く終わってしかもロンドンより近いので帰宅したのが22.30。いつもこれくらいの時間なら楽ちんなのに。やっぱりこの劇場よいなー、近いし。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Orchestra of the Age】

Friday 9 November 2012 7.30pm @Sheldonian TheatreVivaldi: GloriaJean-Phillippe Rameau: Anacr?on (17

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。