*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルハーモニア/サロネン/アンスネス - クルターク、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲1番、交響曲9番

Thu 27 Sep 2012 7:30pm @Royal Festival Hall

Kurtág
...quasi una fantasia..., Op. 27

Beethoven
Piano Concerto No. 1
Symphony No. 9, Choral

Esa-Pekka Salonen conductor
Leif Ove Andsnes piano
Giselle Allen soprano
Anne-Marie Owens mezzo-soprano
Andrew Kennedy tenor
James Rutherford bass
Philharmonia Orchestra
Philharmonia Chorus


フィルハーモニアのロンドンシーズンオープニングです。LSO(いけなくなった)、LPO(行かなかった)のシーズンオープニングも聞き逃し、すっかり出遅れてますが気を取り直して。オケのコンサートはプロムス以来。もう遠い昔。この日はLSOではサーコリンのお誕生日コンサートで内田さんがソリストという悩ましい選択でしたが、私はアンスネスの方を取りました(って、当日はサーコリンはご病気で内田さんもキャンセル、プログラム大幅に変更になったようです。サーコリンはこれからの予定もあるので心配ですね。)

実はこの日私はひどく疲れてたので、ほとんど聴けてません。所用のため早くからロンドンに出てて時間もあったので、6時からのプレトークも聴きました。何でも、フィルハーモニアのベトベンのブログを書いてるフィルハーモニアのヴィオリスト2人が登場して話すのだとかで、今日のプログラムの解説をしてくれるのかと思ったらそうではなく、フィルハーモニアのツアーの話とか、ベトベンを演奏することについてとか、かなり雑談っぽかったです。それで45分もずっとしゃべってるのですごいなあと。みなさんブログ読んでね、とのことでした(^-^)。
--
とにかくオケのコンサートはあまりに久しぶりで、もうブログの書き方も忘れてしまいました。。というか書くのが面倒くさい。って、そんなこと言っちゃいけませんが(-_-;)。それに何しろ今日は疲れでほとんど聴けてませんから。もうアンスネスのピアノも勿論素晴らしいのだけど、何しろ眠くて眠くて。。第九はもうかなり集中力がなくなってました。

最初のクルターク、そのトークの時には弦楽器の椅子は片付けられてたので、トークが終わってからセッティングするのかなと思ってました。そしたら会場入ってもそのままで、ふと見上げると両側のボックス席にはこんな感じで譜面台やスクリーンが。

s-DSC00993.jpg

確かにプログラムの解説にあるとおり、ホールのあちこちにプレイヤーが分散されて配置。後ろを振り返ると、フロントストールとリアストールの間の通路にも何人かいたり。オルガンの前には譜面台があり、そういえばみな後ろを向いてる。もしかしてあそこで指揮するのかと思ってたらそうで、サロネンもプレイヤーと一緒に登場。最後にアンスネスが登場するまで、サロネンもプレイヤーと一緒にずっと待ってましたよ。なぜか7.35すぎてもなかなか始まらず。ステージの上はこんな感じ。近すぎで写ってませんが、ピアノの右にはツィンバロンがあり、ステージ右奥にはティンパニ、左奥にはパーカスが。私はすごく前方の席だったので、ホールの後ろの方にはどの楽器がいるのかはわかりませんでした(-_-;)。木管がボックス席にいたのはちらと見えましたが。

s-DSC00992.jpg

最初はハ長調の下降のスケールから始まりました。静かな曲です。次の楽章ではピアノをパーカッションのように鳴らしたり、もありましたが全体としては静かな曲。いろんな楽器が会場中のいろんなところから聴こえ、確かに立体的な響き。そんなこともあってとても興味深い曲でした。ツィンバロンがあるのがやっぱりハンガリーの作曲家っぽい?そんな風に会場中に散らばってるので統率が難しそうですが、さすがはサロネン、ぴしっとまとめていました。指揮棒はなしで、まさに、フィルハーモニアのパンフかどこかで見た、素手で指揮してる(空手風の?)写真みたい。それから何よりアンスネスのピアノがベトベンのコンチェルト以外でも聴けたのでよかった。そうそう、この曲ではアンスネスは譜面ありだったので、弾くときだけ黒縁の眼鏡くんでした。近眼?

s-Andsnes.jpg
すみませんサロネンの手が(汗)

待望のベトベンコンチェルトですが、やっぱりアンスネスの音はソフトですね。これまた2楽章なんかでは(この前のリサイタルでもそうでしたが)目を閉じて聴いてるととっても気持ちがいい。あっちの世界(って今日は眠りの世界ですが(-_-;)にすーっと引き込まれていく感じ。周りにも実際あっちの世界に行ってる人も多かった(汗)。ちなみに今日はアンスネス目当ての女性が多いかと思いきや(満席だったし)、なぜか私の前の列は男ばっかり(-_-;)。アンスネスのピアノはとにかく正確できっちり、3楽章にはがんっとアタッカで入っててちょっとびっくりしましたが。いろんな音も出るしダイナミクスも技術も表現も素晴らしかったですが、私は何しろもう集中力ゼロで(汗)。そういえば11月にはこの曲もう一度聴くんだな。マーラー室内管と。聴衆は大盛り上がりでブラボーの嵐。アンコールはベトベンソナタop.54からでした。

そんなわけで前半でもう力尽きてましたが、なんせ後半は第九です。ソリストは(客席から見て)指揮者の右側、チェロの前に並んでる。演奏はかなり爽快で、きっちりすっきりという感じ。スケルツォも速めのテンポで、とにかくきっちり揃ってるのが印象的。ティンパニすごい。そして何と言っても4楽章。チェロバスの最初の歓喜の歌、これまたそーっと入ってくる美しい弱音とまあダイナミクスのすごいこと。その前のチェロバスの木管との掛け合いのレチタティーヴォではかなり鳴らしてたのと対照的。4楽章では完全に私はこの前のサロネン/フィルハーモニアのマーラーの「復活」を思い出してました。そうだった。これだったよなあと。あの「復活」と同じで、フィルハーモニアコーラスの素晴らしいこと。ソリストも素晴らしかったけど(特にテナー)、やっぱり合唱が圧巻。何だか非常に「復活」との関連性を感じた宇宙的な第九でした。とぼーっとしてほとんど何も考えられない頭と耳で聴いてたのでした。あーあ、何だかもったいないですが。面白い第九でした(って何だこの感想(-_-;)。この壮大な演奏を聴きながら、やっぱり日本で年末にやる曲としてはふさわしいなあ、なんてこれまたぼーっとした頭で考えていた。やっぱ日本人にとっては特別な時期だもんなあ、とか。なかなか私は家では聴かない曲ですが、やっぱすごい曲だなあと改めて。この曲もまた聴衆大盛り上がり。スタンディングオヴェーションの人も結構いました。最後のカーテンコールではソリストのみ登場だったので、みな、あれ?って言ってましたが、一番最後にはソリストと一緒にサロネン登場。やっぱりサロネン人気。

フィルハーモニアはサロネン、アンスネスと来年日本で演奏するときはコンチェルト4番なんですね。何かすごそうなスケジュールですが、7番も楽しみですね(すごそうですね)。

そういえば私は今シーズンLSOは当分行く予定がなく次回は12月?当分はサウスバンクでフィルハーモニアとLPOばっかり。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

 

こんにちは。いよいよシーズン始まりですね。オープニングが第9なんて、えらく気合が入ってますね。記事を読んでいて、マーラーの「復活」の演奏会を思い出しました。随分前のような気がするけど、3か月前のことなんですよね。
  • posted by かんとく 
  • URL 
  • 2012.09/29 08:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

かんとくさん 

コメントありがとうございます。お元気そうで何よりです。N響のコンサートにも行かれてるようですね。そうですねぇ、3ヶ月前でしたね。私も遠い昔のような気が。。日本もいろんなコンサートがあって、特に在京オケのプログラムはすごくて羨ましいです~。

ロンドンのオケもそれぞれ特色のあるオープニングでした。サロネンのは楽しい第九でした(^▽^)。今後もかんとくさんの東京での生活のご報告を楽しみにしています。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.09/29 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。