*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prom 33: BBCフィル/メナ - ワーグナー、マクミラン、ブルックナー6番

Tuesday 7 August, 2012, 7.30pm @Royal Albert Hall

Prom 33: Wagner, Bruckner & MacMillan

Wagner: Tristan and Isolde – Prelude (Act 1)
James MacMillan: Credo (BBC co-commission, World Premiere)
Bruckner: Symphony No. 6 in A major

Manchester Chamber Choir (Proms debut)
Northern Sinfonia Chorus (Proms debut)
Rushley Singers (Proms debut)
BBC Philharmonic
Juanjo Mena (conductor)


メナの指揮を聴くのは初めてです。昨年9月からBBCフィルの首席。世間ではWembleyでの日本サッカーで大盛り上がりでしたが、ブルックナーをやるということで行ってきました(^▽^)。BBCフィルはこの前ノセダの指揮で聴いたばかりです。

席はクワイヤを取っていたのですが、何でも、休憩後はクワイヤの人たちが座るとかで、ストールの席にアップグレードしてもらいました。ストールは立見の人がいる円形のアリーナの後ろで、特に今回もらった席はステージの真正面という位置だったので、ステージからちょっと遠い。しかも前方にはなぜかいちゃついてるカップルもいるし、アリーナの立見の後ろの人たちが立ったり座ったり途中で出たりで落ち着かない(-_-;)。

最初のワーグナー、この前ノセダ/LSOで聴きましたが、その時のようなダイナミックさは感じられず。。今日は冒頭のチェロから何だかふわーっというかちょっともやもやとした感じ。メナの指揮は何だかソフトな感じで打点がはっきりしない?なんて印象でしたが、木管素晴らしかった。なんだかもやもやしたうちに終わってしまったという印象でした(まあそういう曲なのかもしれませんが)。

次のマクミランの新作はクワイヤ付き。しかも3つの団体が一緒になったフルコーラス。小編成になって金管はホルンとトランペット2本ずつ。内容は宗教的なものでテーマがあるので分かりやすい。最初はストリングスの高音と金管の特徴あるファンファーレ風の旋律、合唱はさすが大人数だけあって迫力あり、また終わりのハーモニーの美しいこと。圧巻でした。

BBCPhil & Choir

ブルックナー6番、あまり演奏の機会がないということですが、ハーディング/LSOで4月に聴きました。その時の洗練された美しい演奏とは違って(?)、今日はかなり大胆な演奏だったと思います。冒頭、非常に抑えられた弱音のvlnのリズムの刻みに乗って登場するベースの歌い。厚い音で短いフレーズの中に見える幅広いダイナミクス。そしてホルン。これを聴いたとたんにこれは私の好きな演奏だ!ということですっかり魅了されてましたが、やがて登場するティンパニも炸裂!1楽章の中の美しい部分(vln旋律の)もたっぷりの歌い。そしてこの曲で一番好きな2楽章。ゆったりと始まりましたが、これまたたっぷりとした歌い。かなりテンポ遅め。消え入るようなクラと味のあるオーボエなど木管も素晴らしい。徹底的な弱音の美しいこと。ダイナミクスのレンジも幅広い。スケルツォは速めのテンポ、冒頭のCbのよく響くこと。4楽章も速いテンポ、かなりの音量でのクライマックス。でもあの美しい弱音、低弦の響きと炸裂するティンパニと金管、美しい木管。非常に充実した内容でした。

Mena

BBC Radio3でも放送されましたが(一週間はここでオンデマンドで聴けます)、10日にはBBC Fourで放送される予定なのでイギリス在住の方はお楽しみ下さい。

(余談)わりと早く終わったのですが、また電車のトラブルが。一本逃したので、30分後に出るはずの電車に乗っていると「この電車、テクニカルフォルトがあり調査中」とのアナウンスが。こりゃ、また別の電車に乗り換えさせられるパターンか?と思ってたら、まあ20分くらいして動き出したのでやれやれ。。早く終わったのに結局帰宅したら12時だったとさ。。

Break
おまけ。休憩中のアリーナのみなさん


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

ブル6充ですね( ^ω^) 

東京で

ブル6を1シーズンに2回

なんて機会はいつになるでしょう

┓(・∀`・ )┏ フッ
  • posted by アンジロー 
  • URL 
  • 2012.08/09 01:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

アンジローさん 

はーい、ブル6充です。来年はダウスゴー/RLPOも(^-^)!
  • posted by felizsg 
  • URL 
  • 2012.08/09 06:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あっ!予定どおり初プロムしてたら、写真の中にわたしいたんだわ。残念。
  • posted by つるびねった 
  • URL 
  • 2012.08/11 10:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

つるびねったさん 

私もプロミングしたことないんです。確かに空いてますね、今年。この回は椅子席も結構あいてました。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.08/11 13:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。