*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャン=エフラム・バヴゼ - ドビュッシー @チェルトナム音楽祭(その4) - パート3

Friday, 6 July, 2012 - 10:00 @Pittville Pump Room

Cheltenham Music Festival - 'The Essential Debussy'

Part One:
Ballade (Slave)
Nocturne
Danse, Tarentelle Styrienne
Images oubliées
Clair de lune (from Suite Bergamasque)
L'isle joyeuse

Part Two:
Images, Book 1
From Préludes, Book 1:
- La fille aux cheveux de lin
- La cathedrale engloutie
- Ce qu'à vu le vent d'ouest
Étude 1, 2, 4, 7, 10, 11 & 5

Part Three:
Préludes, Book 2

Jean-Efflam Bavouzet (Piano)


最後のパート3です。実は一番楽しみにしてたのはこのパート3でした。今回のマラソン、長いせいか30分の休憩でいなくなってしまった人も結構いて、右側のブロックに座ってた私も、空いた中央のブロックに移動しました。

実は、パート1と2では数箇所でミスタッチがあったのがちょっと気になってました。しかも、コードをフォルテでがん!っと弾く見せ場で外す、というのが何箇所かあったので、もしかして調子が悪いのか、長時間のマラソンだからやっぱ疲れるよなぁ、なんて心配までしてましたが。。

<パート3>
前奏曲集2の中で印象的だったのは「風変わりなラヴィーヌ将軍」。何がかっていうと、最初の方に出てくる2番目のC音のスフォルツァンドが強烈で聴衆から笑いが。バヴゼ、客席の方を見て、その後の旋律はそれこそほんと楽しそうに、首を振りながら弾くのでまたそれが受け、さらに途中で不協和音のスフォルツァンドが出てくるとまた笑いが。ほんと楽しい演奏でした。

私がこの中で好きなのが「カノープ」。2分くらいの短い曲で、この前奏曲2の中では多分技術的にはそんなに難しくないのですが、どんな音を出すかで曲の雰囲気が決まる。これまた想像力を掻き立てる曲で、「カノープ」はミイラの内臓を入れる壷のことのようですが、元々は星の名前だそう。なので、澄んだ夜空のような雰囲気もあり、または古代の神話の神秘的な雰囲気もあり。とにかく透明なコードの音で、雰囲気たっぷり。これまた心にしみる美音を堪能しました。

「ピクウィック殿をたたえて」では、最初のイギリス国家でまた聴衆は受け、バヴゼも、「ラヴィーヌ将軍」と同じように、ほらね、とでも言いたげに客席にちらっと目をやって弾くし(^o^)。「ヴィーノの門」での力強い低音と、右手でのハバネラ風の旋律の歌いがとても対照的だし、オクターブでの透明な音の響きも印象的。最後の「花火」も忘れられない演奏。冒頭などに登場する細かい音符の軽快さと、音階のように上下する音型やグリッサンドの効果も絶大。これまた、こんな壮大な曲だったんだな。美しさも力強さも両方楽しめる。最後、花火が消えるように、本当にこの演奏会も終わってしまうんだなぁ、と私も切ない気持ちに。

聴衆にはすごく受けてて、アンコールもあるかなぁと思ってたのですが、この長時間の演奏の後ではさすがになかったです。

そんなわけで、前半ではミスタッチが気になってましたが、パート3ではそんなこともありませんでした。実際気になるようなミスもなかったのだと思いますが、音楽作りがよく見えるのでそんなことも気にならなくなってしました。とにかくこの演奏会ではドビュッシーを満喫。ドビュッシーの音楽の持つ美しさだけでなく、ユーモア、エクサイトメント、「西風」にある激しさなど、本当にいろんな表情を堪能しました。特に今回は「月の光」や「水の精」などでの繊細で緻密な表現と音も楽しみました。ドビュッシーは、こんなにも自由に表現できる作品を書いた人だったのだなぁ(勿論、バヴゼのドビュッシーだから、というのもありますが)。そして、ピアノ曲でもこんな壮大な世界が演出できるのだなぁ。ドビュッシーのいろいろなピアノ曲を知ることができたのが何よりの収穫でした。ほんとバヴゼありがとうです。はるばる出かけて聴きにいった甲斐がありました。

-駄文長文、読んでいただきありがとうございました。-


(余談)
私はこの後マンチェスターに行く用事もあったので、さっさと帰ろうと出口に向かってたら、どうもサイン会があるらしい(書いてなかったと思うけど?)。ということで、ちゃっかり参加してきました。ここでも何だかいろいろ面白いこともあり、これまたいい思い出になりました。再来日も一応お願いしておきました。

プログラムによると、バヴゼが一番好きでない作曲家はショスタコーヴィチだそうで(私とは趣味が違う、残念!)、これで彼のショスタコPCを聴けるということはないだろうということがわかりました。あと、ミドルネームのエフラムというのは、生まれた場所の近くの地名(St Efflam)から取ったのかな?と思いました(定かではありません)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

チェルトナム 

はじめまして。クラシック大好きで、日々、コンサートで癒されております。
イギリス生活、羨ましいです。実は高校生の夏休みをチェルトナムで短期留学しておりまして、つい懐かしく、また情報を知りたくて拝見しております。
そんな音楽祭あったかな?と。またプロムスも是非行きたいと思っておりました。UP楽しみにしてます。
私は今年の夏休みはザルツブルク音楽祭に行く予定です。ロンドンも行こうと思えば行けなくはないのですが、ザルツブルクでノンビリとしたいので、今回は諦めて、来年のお楽しみにします。
  • posted by anecy 
  • URL 
  • 2012.07/10 06:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

anecyさま、ご訪問&コメントありがとうございます。チェルトナムにいらしたのですね!こぢんまりしたいい街でしたね。この音楽祭を知ったのは数年前ですが、いろんな演奏家が来るかなり大きなもののようです。

ザルツブルクにいらっしゃるのですね。私はまだ行ったことがありません。どうぞ楽しんでいらしてくださいね。今年は(も?)こちらは今のところが夏がないですが、プロムスは今年は(も?)かなりの数行く予定です。
  • posted by feliz2 
  • URL 
  • 2012.07/12 07:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。