*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャン=エフラム・バヴゼ - ドビュッシー @チェルトナム音楽祭(その3) - パート2

Friday, 6 July, 2012 - 10:00 @Pittville Pump Room

Cheltenham Music Festival - 'The Essential Debussy'

Part One:
Ballade (Slave)
Nocturne
Danse, Tarentelle Styrienne
Images oubliées
Clair de lune (from Suite Bergamasque)
L'isle joyeuse

Part Two:
Images, Book 1
From Préludes, Book 1:
- La fille aux cheveux de lin
- La cathedrale engloutie
- Ce qu'à vu le vent d'ouest
Etudes:
Étude 1 pour les cinq doigts d'après Monsieur Czerny
Étude 2 pour les tierces
Étude 4 pour les sixtes
Étude 7 pour les degrés chromatiques
Étude 10 pour les sonorités opposées
Étude 11 pour les arpèges composés
Étude 5 pour les octaves

Part Three:
Préludes, Book 2

Jean-Efflam Bavouzet (Piano)


<パート2>
パート2は映像第1集と、前奏曲第1集とエチュードから。パート1ですでに放心状態でしたが、パート2は楽しいものでした。
映像1はこれまたランチタイムで聴いたものです。なので予想がついてしまいますが、「動き」の軽い部分では、独特の、首を振りながら楽しそうに弾くのがえらく受けていました。ほんと見てるだけで楽しい。

この前奏曲1の中の3曲では、「西風の見たもの」もすごくバヴゼ得意そうだし、その通り圧倒されましたが、何と言っても「沈める寺」。この曲いいですよねー(^▽^)。和音が何ともいえない深い音楽で、ほとんどずっと和音で表現される迫力。いつも書いてますが、バヴゼはダイナミクスと音色の種類が幅広いので、それによって表現できる壮大な音楽。こんなにダイナミックで、かつ深い表現でこの曲を聴いたのは初めてだった。そしてこの曲の持つドラマと深さに圧倒された。特に低音の音の深さ。そして高音の、ベルのような透明な音。勿論、最後の方、静寂が戻る時に奏でられる、遠くに消えて行くような弱音も顕在。海の煌きと、水面に姿を現すカテドラルと、想像力を掻き立られる神秘的で不思議な世界。最後の音が完全に消えるまでの静寂のありがたさ。いつまでも心に残る音。

エチュードの前にはまたバヴゼ教授のレクチャーが(^o^)。エチュード1番、これ、初めて聴いた時には私もびっくりしました。音楽学校の生徒の演奏で、曲のことも作曲者名も知らずに聴いたので、後でこの曲がドビュッシー!?って知った時の驚き。バヴゼは1番から順にまた面白く説明していき、私の好きな10番では弱音についての説明。ドビュッシーの弱音にはいろんな種類があって、ソフトに、もっとソフトに、さらにもっとソフトに、とか、遠くから聴こえるように、もっと遠くから聴こえるように、とか(^_^)。この10番、他のエチュードと違って、まるで音色を作るためのエチュード?と思えるほど独特な曲で、エチュードの中でもとても好きな曲です。それから少しだけその前に弾いた「西風の見たもの」の説明。こんな風に、ドビュッシーは美しい音楽ばかり書いたのではないのだよ、ヴァイオレントに、なんて指示も出てくるし、エチュードの2曲目では「できるだけ強く」なんて指示も出てくる、と説明。

レクチャー後に聴いたのでエチュードの内容もよくわかる。1番、左手のドレミファソファミレに乗って右手のスタカートのA♭出てくるとやっぱり笑いが。ドビュッシーのユーモアと繊細さ。エチュードでもこんな美しい音楽にしてしまう。そもそも、私この一連のエチュードを知ったのは最近で(というかたまたまバヴゼのCDに入ってたので知ったくらいで、よってバヴゼの録音しか持ってないというお粗末さ(-_-;))、演奏される機会なんてきっとすごく少ないので、こんなところで聴けるのは貴重な機会です。

エチュードの途中、何だか外がうるさいなと、ふと見たら大雨!ちょっとー、聴こえないじゃないーと思ったくらいの激しい雨の音。
--
パート2終わったら30分の休憩。楽譜売り場も混むので先にそっちを見てたら、クロワッサンと飲み物もらうのに長蛇の列がすでにできてる。かなり長い列で、配給所(^_^)が一箇所しかないので効率の悪いこと。エチュードの途中で大雨に気づいた時、カフェは外にあるので、どうするんだろと思ってましたが(一応屋根つき)、やっぱり外で配ってました。並んでる間に休憩終わるぞ。と思ってたら、クロワッサンをトレーに乗せて配り出し、また別の場所でもコーヒーを配り始めたのでやれやれ。。でやっとありつけましたとさ(^o^)。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。