*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LSO/Shaham/Bronfman/Tilson Thomas - Berg, Mahler

Thu 31 May 2012 / 19:30 @Barbican Hall

Berg: Chamber Concerto
Mahler: Symphony No 1 (‘Titan’)

Michael Tilson Thomas (conductor)
Yefim Bronfman (piano)
Gil Shaham (violin)
London Symphony Orchestra


今日も地元の駅までの道が渋滞、もしかしたら間に合わないかもー!?でした(-_-;)。このコンサートを取ったのは勿論ギルシャハムがソリストだったからなので、もしコンチェルト聴けなかったら不運だな。。と思ってましたが、何とか開演数分前にホールに到着。やれやれ。もー嫌こんな生活。。

ベルクの室内協奏曲は初めて聴きます。13本の木管楽器(Tbなどもいましたが)とピアノとヴァイオリンのための曲。指揮台にはマイクが置いてあるなと思ってたら、MTTは登場すると曲について解説。各楽章で演奏されるテーマや、ベルクの名のアルファベットを表した旋律など(ショスタコーヴィチみたいですね)を実演付きで説明してくれました。話長いなーと思ってましたが、なじみのない曲なのでそういう形での導入に力を入れてたのかもしれません。ステージ右側に木管が前から4人、5人、4人と3列で並び、その前に指揮台、中央にピアノでヴァイオリンは一番左(椅子あり)という配置でした。

ところで私はMTTは実演に接するのは初めてだと思いますが、私のイメージとしては頭脳での指揮。それはKeeping Scoreなどのプロジェクトをやっているせいもあるかもしれません。なのでもっと細かい指揮をする人かと思ってましたが、ベルクの指揮を見てるとどうも拍子を取っているだけの感じ。。(-_-;)勿論それはベルクだからでしょう。。指揮を見てないと何拍子かわからないような曲なので、そういう意味では耳だけで聴いてもやもやとしてた曲が多少はわかってよかったです。ベルクでは指揮棒はなしでした。お元気そうで、余計な肉も付いてなくて健康そうだし、サロネンみたいに聖火ランナーになって走ってもおかしくない感じ。。片足で立ったりほとんど踊ったり、両腕を一緒に左右に振る体操みたいな特徴的な動き(-_-;)。またそんなことばかり見てますが、また例によってすぐ近く座ってたので。。

ブロンフマンは初めて聴きますが、この人の演奏も独特の雰囲気があって良いですね。(ブロンフマンは、この前の日曜にLSOと予定されてたベトベンのコンチェルトはウィルス感染のためキャンセル。その前のアメリカでのクリーヴランド管とのコンチェルトもキャンセルしており、その時の代役は何とギルでした。)初めはピアノのカデンツで始まり、最初の方はヴァイオリンはほとんど休み、後半のピアノが休みの部分のヴァイオリンソロでは、ギルは指揮台のそばに置いてある譜面台の方に移動して弾きます。そしてピアノとヴァイオリンと一緒に弾く部分では、これが絶妙のペアでした。私は新ウィーン学派のシェーンベルクやウェーベルンやベルクは守備範囲外でそこまで手が回ってません。この曲も事前にちらっと聴いた時は全く理解不能でしたが、ライヴで聴くと違うもんですね。vlnソロは(ベルクの)vln協奏曲と似た部分もありました。いやいや、やっぱりギルは何でも弾けるというかほんと守備範囲が広いです。こんなのも難なく弾いてしまうし、バッハから現代曲まで幅広いレパートリー。(そういえば、数年前のプロムスでも代役でベルクのコンチェルト弾いてました。)でも今回のは多分ソリストがギルじゃなかったら聴いてなかったであろう曲でした。そういう意味では、なかなか演奏されることが少ない曲のようだし、貴重な体験だったと思います。しかし、やっぱりベルクなので、この2人のソリストじゃなかったら私には酷だったかもしれません。。

Shaham, Bronfman, MTT

休憩後のメインのマーラー、配置はvln対向で、中が左からチェロ、ヴィオラで、チェロの後ろにベースだったのでベースはステージの左側でした。MTTのマーラーは有名で人気があるみたいですね。日曜の4番もよかったようだし。(今回はLSOとは4番、1番、5番です。)ですが、残念ながら私の好みとはちょっと違いました。。どうもMTTの指揮、上に書いたようなイメージで、どうも私の好みとはちょっと違うような。。(すみません)勿論すばらしい指揮者だと思うし、ベルクもよかったのですが、マーラーは、私にとっては引き込まれない演奏でした。最初の方ちょっと味気ないなと思ってたら、時々妙にねちっこかったり。。おっと、ここをこう来るか?みたいなテンポ設定も多々あり。あとはLSO、勿論いつものようにとても巧いんだけど何となく揃ってない(-_-;)。そんなことも気になりあまり集中できませんでした。(単に私が疲れてただけかもしれませんが。)かと言って決して退屈な演奏ではなく、ダイナミクスも表現も幅広く、特に最後の方は金管もティンパニも大きな音も出てたし、それに金管、特にホルン素晴らしいし、全体としてはうまく纏まっていたと思いますが、私には何となく入り込めない演奏で、冷めた目(耳?)で聴いてしまってました。そしてやはりオケがばらっとした印象だったのが残念でした。でも聴衆にはとてもうけていて、スタンディングオヴェーションの人も結構いました。

マーラーでのMTTの指揮は、日本刀をばっさばっさと振り回す武士のようで(-_-;)小気味よいし、両腕を一緒に体操のように左右に振る大きな振りとか、伸びたり縮んだり、片足で立ったり踊ったり、演奏する側としてはよくわかる指揮だと思いますが、見ていて楽しい指揮ではないというか(毎回、指揮者の動きばかり見てますが-_-;)。。ただMTTの指揮、上に書いたように私の持ってたイメージとは違って繊細な感じではなかったのですが、私の思っているより音楽をもっと大きく捉えているんだろうなと思います。日曜には5番を聴くので、また違う風に思うのかもしれません。

あと、1楽章が終わった時ちょうどいいタイミングで携帯音が鳴り、オケの人もMTTも笑い、私も大うけしてしまいました。。(笑い事じゃないですね、でも。)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

 

わたしはMTTのマーラー1番、とってもいい!って思ったんですけど、Miklosさんもfelizさんもあまりタイプではなかったみたいですね。
そういえばシャハムさん、ずいぶんいいおじさんになりましたね。わたしが観たのは10年も前だから当たり前といえば当たり前だけど。(返す刀で自分が切られるのは知らんぷり)
  • posted by つるびねった 
  • URL 
  • 2012.06/23 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そうなんですよ、私の好みとは違いました。。その後聴いた5番はとても良かったのですけどね。確かにどんどんおじさん化してますねー。弾いてる時も背中が曲がってるし。長く演奏活動を続けて欲しいので心配です(今から心配することでもないけど!)
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.06/24 07:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が青春の讃歌 MTT、ロンドン交響楽団 マーラー交響曲第1番

31.05.2012 @barbican hall berg: chamber concerto mahler: symphony no. 1 yefim bronfman (pf) gil shaham (vn) michel tilson thomas / lso MTTとロンドン・シンフォニーのマーラー、今日は交響曲第1番です。そしてそ...

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。