*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jerusalem Quartet/Melnikov - Schumann

Saturday 5 May, 2012 7.30pm @Reading Concert Hall

Schumann
Piano Quartet in E flat Major Op.47
Piano Quintet in E flat Major Op.44

Jerusalem Quartet
Alexander Melnikov, Piano


エルサレムQが地元に来るというので行ってきました。同じプログラムをウィグモアホールでもやるのですが、ちょうどその日は他のコンサートが入ってていけないなーと思ってたら、何と近所に来るというのでとてもラッキーでした。しかし、今日もお客さんの入りは半分くらい(以下)でした。もったいなーい。

メルニコフのことは、ショスタコーヴィチの24のフーガとプレリュード、イザベルファウストとのショスタコのCDの評判、そして2月の日本公演のことを聞いて最近知ったのですが、聴くのは初めて。エルサレムQが目的だったので、最近になって、あら、ピアニストはメルニコフじゃん!と気づいたくらいで(汗)。そういえばエルサレムQもライヴで聴くのは初めて。

今日はシューマンです。好きなんですよーこの2曲。というか、なぜかすごくなじみがある懐かしい曲(なぜだかわからない。多分昔どっかでマスタークラスを聴いたので、じっくりと聴く機会があったんだと思う。でもCDも最近まで持ってなかったのに、なぜこんなによく知ってるのか不思議。。)メルニコフの大ファンのokamo-koさんから教えていただいたのですが、このコンビで、この2曲のシューマンのCDも出る(もう出たのかな?)ようです。
--
メルニコフは写真で見てたのとはちょっと違って、あれ、おじさん(-_-;)す、すみません。73年生まれでまだ若いはずだけど髪が。。エルサレムQの方たちも貫禄あるので気になりませんが。

さて、最初はピアノ四重奏ですが、囁くような弱音で始まると、もーその時点でノックアウト。しかもあのメルニコフのピアノがー。曲の初めから涙出てきましたよ。。あまりにも辛い日常とのギャップのせいか(違)、最近音楽会に行っては泣いてばかりいる私ですが、今日もまたすごいものを聴いてしまいました。エルサレムQの3人(Pカルテットなんで)もすごい美音なんですが、メルニコフのピアノがすごくて、今まで自分が聴いてきたピアノはいったい何だったんだ!?くらいのショック。ものすごい弱音の美音とダイナミクス、フォルテになっても決して重くならない、にごらない、透明な音。で、この前のアンスネスではないけど、風貌と音のギャップがまた憎い(^_^;)。打鍵も正確だし、アンサンブルプレイヤーとしても抜群のセンス。

上に書いたようにこのシューマンの2曲は大好きなんですが、四重奏の方の3楽章、ほんとに美しくて。折りしも今日はスーパームーンだったそうじゃないですか。夜空に浮かんだ月を連想していた(こっちでは完全に曇ってて何も見えないが-_-;)。だってあのメルニコフのピアノと、クァルテットの透明な音。途中から後打ちで入るピアノの音とヴィオラの掛け合いでは、そんなことを思ってぞくぞくしてました。クァルテットは、誰が特別うまくて目立つというわけでもなく、みな均等にうまいし、それに音質も表現の仕方も揃っている。3人の音が合わさると、3人で弾いてるとは思えないほどの絶妙で緻密なアンサンブル。それプラスメルニコフですよ。。。もうこの上ない幸せ。そんな訳で、曲の最初からぞくぞくしてたので、もしかして風邪引いたか?と思ってたくらいです(-_-;)。

休憩後は五重奏ですが、この曲は2楽章以外は全体ににぎやかな曲で、でもエキサイティングというより、ほんとに美しく、フォルテになっても決してやりすぎることなく汚くならない、でも幅広いダイナミクスと表現。ずーっと聴いていたい音と音楽でした。

こんな美しい音楽を10ポンドで、しかもこんな目の前で聴けるなんて、ほんと、こんな田舎に来てくれてありがとうでした。信じられないくらいの美しい音楽でした。響かないこんなホールで聴いてもこんななのだから、ウィグモアホールで聴いたらもっとすごいだろうなぁと思います。今日こんな風に聴いたのは地元に来てくれたというので、いつものウィグモアとは違ってリラックスして聴けたせいもあるかもしれませんが。エルサレムQは今月もう一度聴くので楽しみです。シューマンのCDは絶対に買わなければ!(コンサートに行くと、こんな風にしてものすごくCDが増えてしまうのです。ま、行かなくても増えるけど(-_-;)。)

Piano Quartet
四重奏の4人

Jerusalem Q &Melnikov
全員。あー、メル吉くんが。。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。