*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LSO/Eötvös/Tetzlaff - Debussy, Szymanowski, Scriabin

Sunday 29 April 2012 19:30 @Barbican Hall

Debussy Three Nocturnes
Szymanowski Violin Concerto No 1
Scriabin Symphony No 4 (‘Poem of Ecstasy’)

Peter Eötvös conductor
Christian Tetzlaff violin
Ladies of the London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra


フィルハーモニアのマチネの後、バービカンに移動です。まだフルシャのことで頭がいっぱいですが(^_^)。

LSO、この日と5/8のブーレーズの指揮はエトヴェシュに変更になりました。ブーレーズの指揮はもしかしたらもう見られないのかな?と思ったりもします。私はテツラフのヴァイオリンを聴くのが目的だったのでまぁいいです。。ハンガリーの人で、Miklosさんはよくご存知のようですが、私は名前も初めて聞きました。作曲家でもあるようです。

今日のプログラムは夜の音楽ですね。なので、子供は聴いちゃいけません、というか聴いてもわかりませんみたいな曲目。。特にドビュッシー以外は。

私も子供なのでよくわかりません(^_^;)。ドビュッシーは学生オケでやってたのでなじみがありますが、シマノフスキーとスクリャービンはあまり聴く機会ありません。というかシマノフスキーは聴いたことがあるという程度だし、スクリャービンは1番をゲルギー/LSOでプロムスで聴いたことがあるけどそのくらいで、4番をライヴで聴くのは初めてだし。

ドビュッシー、明るくてキレがあって金管もよく鳴るししかもいつものように上手い(昼間POを聴いてたせいもあり。POも悪くはなかったのだけど。。)。歌い方もほどよく、しっかり歌ってもそれほどしつこくなく。でもオケはよく鳴るしドビュッシーの色彩感も。今日の席はとても久しぶりにサークルでしたが、こんなによく聴こえたっけ?やはりRFHの上の方よりも全然よく聴こえる。いつもと違って(普段は前の方に座るので)舞台もよく見えますが、かえってそのせいで何だか落ち着かなかったです。。

シマノフスキー、これはまー、テツラフ、ものすごく妖艶(な演奏)でした。勿論そういう曲なのですが、私はテツラフのまさに男っぽく骨太で大きい音と、大胆なフレージングと表現が好きなのですが、今日は新たな面を見た感じ。もう、あーーっという名演。こんな風にも弾くのねーと。勿論テクニカルな曲なので、ダブルストップも早いパッセージも完璧。そーしてあの歌いと艶やかなフレージング。低音ではあのテツラフ特有の音そのままに、また高音のヴィブラートの艶かしいこと。そんな風に何種類もある音色。そしてこの人はオーディエンスとのコミュニケーションが抜群ですね。オケの伴奏も見事!木管3本の編成でチェレスタやピアノもハープも入って華やかでかつ神秘的、木管もその雰囲気にぴったりの音。しかしテツラフの演奏からはやっぱり男らしさを感じました。こんな曲もあんな風に弾きこなせるなんてやっぱりすごい。ますます惚れました。テツラフの音は大きいのでサークルでも十分聴こえたけど、欲を言えば、やっぱりもうちょっと近くで聴きたかったなぁ。(そもそもテツラフを聴くのが目的だったのに、なんでサークルを取ってたんだろ。。)テツラフはこの曲、ブーレーズとCDを出してますね(オケはVPO)。また聴いてみなければ!

私はこの曲、女性奏者の演奏をライヴで聴いたことはないのですが、もし女性が弾くのを聴いたら私はちょっと引いちゃうかもです。男性にしてみればもう最高なんでしょうが。。(といいながら、9月にはジャニヌ・ジャンセンで聴くことにしてますが。。)私にはやっぱりこれは男性奏者かな。(って思い切り偏見ですか。)

そういえばこの曲、この前聴いた交響曲3番「夜の歌」と同時期に書かれたらしく、同じようにオリエンタルな雰囲気が漂う曲です。ただ今日は曲を味わうというよりは、テツラフのヴァイオリンに耳が釘付けになってしまいました。

テツラフのアンコールはバルトークの無伴奏ソナタの3楽章でした。聴いた時は知らない曲と思ってましたが、CDも持ってた(恥)。帰ってから確認してしまいました。後から思えば、よくあんな曲の後にバルトークなんか弾けるよな、と。しかも結構バルトークも長かったし。

Tetzlaff & Eotvos

(後でTwitterで教えていただいて知ったのですが、2002年にはLSO/ブーレーズ/テツラフはこのシマノフスキー1番と「法悦の詩」で来日公演を行ってたようです。テツラフのアンコールはやっぱりこのバルトークだったとか。はー、またもやぶったまげました。)

もうこんな演奏が聴ければあとはいいので(おい)、スクリャービンはリラックスして聴けます。どうせよく知らない曲だし(-_-;)。一応NaxosのMLで聴いてきましたが、えらく大編成で(木管3管だしホルンも8人だし、ステージ見たらパーカッションも6人くらいいた)、ずーっと金管が鳴ってるにぎやかな曲。でやはり金管すばらしかった。楽章の切れ目がないので、一気に突っ走ってほとんどずーっと吹いてるトランペットなんて、えらく大変な曲だな。とか考えてるうちに終わってしまった(-_-;)。こんな感想ですみません。

勿論オケの実力もあるのでしょうが、代役のエトヴェシュもなかなかで楽しめました。サークルでも十分楽しめましたが、いつもほどには印象がなく、やっぱり私はステージに近い席の方がいいなと思った次第です。それに今日は周りがちょっとうるさかったです。曲が始まるというのにシャッター音を出して写真撮ったり、大きな咳をしたり、飴むきおじさんがいたり、靴(サンダル?)のベルクロ(マジックテープ)をベリッとはがすおばさんとかいろいろ(-_-;)。まるでRFHのChoir席とかバルコニーみたい(それよりひどいか?ちょっと今日のはひどかった)。それを除けばとても艶やかな大人の夜の音楽会でした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

Comment

 

こんばんは。皆さん執筆がお速い。私もバルトークの無伴奏ソナタは、家に帰ってみたらコルシアとケレメンの2種類持ってました(汗)。ちょっと聴いてみたら、どちらもテツラフと比べたら雲泥の差で音が汚くて(特にコルシアは全然ダメ)、あらためてテツラフの凄さを認識した次第です。

バービカンでもフェスティバルホールでも、ステージから離れれば離れるほどやっぱり周囲のノイズが耳障りに感じてしまいますね。私がかぶりつきの席が好きなのは、そんなところも理由です。せっかく時間を割いて一流の演奏を聴きに行くのに、周囲のノイズでいちいちイライラするとホントに損した気分になりますもの。とは言え、最近は資金不足でサークル席を買うことも多くなりました…。
  • posted by Miklos 
  • URL 
  • 2012.04/30 22:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

コメントありがとうございます。いやー、私がアップした時にはもうMiklosさんもdognorahさんもすでに更新されてました。私一歩遅かったです(^_^)。それより、みなさん書くだろうから今回はもう書くのやめようかとも一瞬。。

私が持ってるCDは川畠成道さんのでした(しかもサイン入り。なのにあまり聴いてないのがバレバレ)。

私も、多分サークルを取ったのは、Stallsで安い席が残ってなかったからだと思います(汗)。今後はやっぱりStallsかなと思ってます。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.04/30 23:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あー、私のブログの日付と時刻は、記録のためにいつもそのパフォーマンスの日の23時59分に書き換えておりますので、実際に執筆した時刻を反映してません。最近はその日のうちに書いちゃおうという気力がなくて、たいがい数日〜1週間遅れで書いてます。
  • posted by Miklos 
  • URL 
  • 2012.05/01 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はい、私もそうしてます。日曜の時点ではまだどなたもアップされてなかったようですが、月曜の夜私が上げた直後にみなさんのを見てみたらすでに更新されてた、ということです。なので(一瞬かもしれませんが)早いな~と(^^)。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.05/01 17:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

コンサートのはしごというのは昔はよくやりましたが今はとてもその気力がありません。お元気ですねぇ。
バービカンホールの席は私はストール席の後方が好きですが、予算の関係でサークル席に座ることが多いです。BBC SOの場合は料金が安いのでストールに座りますが。
  • posted by dognorah 
  • URL 
  • 2012.05/02 15:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

dognorahさんコメントありがとうございます。いやー、体力ないし年なので(!)私もばてばてです。元々LSOのチケットを取っており、ロンドンまでは遠くて交通費もかかるので、2つ行った方が得かな(何が?)と思って無理矢理マチネも入れましたが、さすがに疲れました。

私も、バービカンのStallsの後方からはステージもよく見えて聴こえもいいし、端の方だと安いので気に入りです。RFHよりも格段に良いです。
  • posted by feliz 
  • URL 
  • 2012.05/02 16:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エロスとエクスタシー テツラフ、エトヴィシュ、ロンドン交響楽団

29.04.2012 @barbican hall debussy: three nocturnes szymanowski: violin concerto no. 1 scriabin: the poem of ecstasy christian tetzlaff (vn) peter eötvös / ladies of lsc, lso シマノフスキが好きなんです(キッパリ)。で

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。