*クラシック*音楽生活@イギリス

主にイギリスで行ったクラシック音楽会の記録。感想付きは2012年1月~。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

National Youth Orchestra of GB/P.Daniel/Clein

Fri 6 Jan, 2012 19.30- @Barbican Hall

Mark-Anthony Turnage Hammered Out
Elgar Cello Concerto
Walton Symphony No.1
Anna Meredith Handsfree

Natalie Clein cello
Paul Daniel conductor
National Youth Orchestra of Great Britain


本当はナタリークラインのチェロを聴くのが目的だったのだけど(あと子供の友達が多数いるため)、席は右端前方を取ってしまってたので、残念ながらチェロはよく聴こえない席だった。そのせいかエルガーは私の期待したほどではなかった(すみません)。勿論、オケは上手いのだけど。ウォルトン交響曲1番がよかったのだけど、その後のボディパーカッションの曲で、その余韻がすべてかき消された感じ。(いつも思うのだが、このオケ人数多すぎ。。)Turnageの曲は、2010年のプロムスで聴いたことのある、パーカッションがかっこいい曲。

ご案内

プロフィール

feliz2

Author:feliz2
Concert-goer in SE England.
2013年8月ロンドン近くのBerkshireからLancashireに引っ越しました。→2016年秋からなぜかまたBerksに。

イギリスでのクラシックコンサートの記録です。クラシック音楽が生きる糧。元学生オケのヴィオラ弾き(+ヴァイオリン)。
(コンサートの感想はあくまでも私の主観によるものです。)

*このブログに掲載されている文章・写真を無断で使用することを禁じます。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。